NZグラスフェッドビーフ(缶)【猫用】 - ジウィピーク(ZiwiPeak)

7,440円(税抜)〜

各サイズの価格・在庫を確認
サイズ
購入数

価格

★ペットフード・クーポン対象商品★
クーポンGET! >

1ケース (1缶185g 12個入り)     7,440円(税抜)
1ケース (1缶85g 24個入り)     10,560円(税抜)

7,407円(税抜き)以上で 送料無料 代引手数料無料


発送までにかかる日数

ご注文受付後2営業日ほど(土・日・祝日は除く)
※最新の賞味期限のフードをご提供するために、ご注文をいただいてからメーカーより取り寄せてお客様にお届けします。当店は、ZiwiPeak(ジウィピーク)の正規販売店です。並行輸入品の取り扱いはしておりません。



概要

ジウィピークのキャット缶は、天然の新鮮な生肉の栄養価値をできる限りそのままにした、扱いやすく便利なプレミアムペットフードです。消化率95%以上だから胃腸に負担がかからず、食べたものほとんどを栄養として吸収します。

具体的には、生肉と内臓がなんとフード全体の93%を占め、一般的なプレミアムフードと比較すると圧倒的に贅沢な配合となっています。猫は100%肉食動物です。そのため、コーンや米、ポテトといった炭水化物を消化することができません。ジウィピークのキャット缶は、猫にとって一番負担なく消化できるのは何か?をヒントに 生肉・内臓を丸ごと原料として使用し、野生の猫の食事に近い「獲物丸ごとの食事」を再現しました。穀類、芋類は使用していません。食物アレルギーにも配慮したレシピです。砂糖、塩、グリセリン、薬剤、防腐剤、着色料も不使用です。また、遺伝子組み換え作物不使用、エトキシ キン、BHA、BHT、プロピレングリコールも一切不使用です。



<NZグラスフェッドビーフについて>


ニュージーランドの草原で、牧草を食べて自然放牧で育ったグラスフェッドビーフ(牧草牛)を使用しています。グラスフェッドビーフ(牧草牛)は、グレインフェッドビーフ(穀物牛)に比べて、低脂肪、低コレステロールで、オメガ3脂肪酸、βカロチン、ビタミンC、E、カルシウム、カリウムなどのミネラルも豊富です。本当のビーフの味、嗜好性も抜群の人気商品です。生肉と生レバー、生キドニー、生ハート、生トライプ、生ラングなどの内臓をバランスよく配合しています。
ジウィピーク「ニュージーランド・グラスフェッドビーフ」の何が優れているかというと、100%ニュージーランド産のグラスフェッドビーフ(牧草牛)という点です。世界でもっとも衛生的で純粋なビーフだからです。… これ以上のビーフはない!!

NZグラスフェッドビーフ

グラスフェッドビーフ(牧草牛)は、以下の点でグレインフェッドビーフ(穀物牛)よりヘルシーです。

現在発表されているもっとも詳細な分析によると、グラスフェッドビーフはグレインフェッドビーフより、少なくとも7つの点で優れています。2009年の調査は、米国農務省と南カリフォルニアのクリムゾン大学のジョイントベンチャーで研究調査されたものです。
1. 低脂肪
2. 低飽和脂肪酸
3. βカロチンが豊富
4. ビタミンE (αトコフェロール)が豊富
5. ビタミンB群のチアミン、リボフラビンが豊富
6. カルシウム、マグネシウム、カリウムといったミネラルが豊富
7. オメガ3脂肪酸が豊富

なぜ、ジウィピーク「グラスフェッドビーフ」が良いのか? それは、他のビーフ商品とは明らかな違いがある!

まず第一に100% ニュージーランド産で、牧草だけを食べて自然放牧で育ったビーフを使用しています。ニュージーランドは、狂牛病が発生したことは一度もありません。ニュージーランドは比較的隔離された島国で、厳格な防疫措置、検疫規制が維持されています。
ジウィピークのビーフ製品は、ゆっくりとエアドライで乾燥させるか、肉汁を含めて缶詰めにしているかのどちらかのため、天然の生肉 & 内臓に含まれるタンパク質の構造をなるべく損なわずに維持できます。
ジウィピークのキャット缶は93%が生肉と内臓、緑イ貝で、他のビーフ製品に含まれる穀類、炭水化物のような、肉以外の不要な原材料は使用しておらず、純粋なビーフ製品なのです。

100%NZグラスフェッドビーフ



<緑イ貝について>


美味なだけでなく関節の治癒効果で知られています。緑イ貝には、グルコサミン、コンドロイチン、オメガ3、オメガ6が豊富に含まれているからです。そのため、ジウィピーク製品にも緑イ貝を使用しています。すべて、政府が厳しく管理するサステイナビリティ(持続可能性)システムを遵守して漁獲されています。


緑イ貝


給与量の目安

■85g缶: 成猫は1日当たり体重3kgにつき2缶。
■185g缶: 成猫は1日当たり体重3kgにつき1缶。

※子猫、妊娠・授乳期の母猫:上記の1.5〜2倍量を、1日2〜3回に分けて与えてください。
※1日の食事量は、気候や年齢、運動量、環境、筋肉量、代謝等によって異なります。上記の給与量の目安を参考に、体重の増減を見ながら適した量に調整してください。


成分分析値
成分分析値